モリンガは北インドが原産で約5000年前から人々に薬草として利用され、

モーゼの神話にもモリンガは出てきます。

またインドに古くから伝わる伝統医学『アーユルヴェーダ』では300の病気

を治す事が出来る薬草として現在まで伝承されています。

それからその大きな価値を見出され、周辺の亜熱帯地方へと広がりアフリカ、

​インドネシア、フィリピンなどの国々に広まりました。

またモリンガ種子オイルは古代ローマギリシャ、エジプト文明で肌の保護の

ために欠かせないオイルとして重宝され、世界三大美女であるあのクレオパ

トラも愛用していたと言われています。

ではなぜ、モリンガはこんなにも効果効能があるのでしょうか?。

栄養素の面で優れているのはもちろん、実はモリンガには全ての生命の根源

と言われている微生物『ソマチット』が多く存在しているのです。

​この『ソマチット』は私達の身体にも多く存在し体中の信号(電気信号)の

伝達を担い、髪の先から足の爪の先まで健康な状態を保つように働いてくれ

ています。

しかし現代では大気汚染の影響や化学物質、食品添加物などが体内に取り込

まれる事により『ソマッチ』の働きが鈍く弱くなってしまっています。

その結果、現代人は「免疫力」が低くアレルギー体質の人が増え、電気信号

も弱まり白髪や薄毛の悩みを抱える人も増えているのです。

モリンガの中でも種子オイルには多くの活発な『ソマチット』が含まれている

ので細胞レベルで元気を与えてくれます。

​その為、血の通っていない髪の毛、爪、皮膚(表皮)も元気になるのです。

モリンガは 

  太古の昔から伝わる薬草

モリンガは北インドが原産で約5000年前から薬草として珍重され、神話にもでてくるほど、

遥かな昔から人々に愛されてきた植物です。

 

インドに伝わる伝統医学〈アーユルヴェーダ〉によれば、モリンガは300もの傷や病を治癒する奇跡の木。

人々の傷を癒す植物として様々な国々に広がっていきました。

 

葉はお茶などにされ、野菜として食されることもありますが、

モリンガの「種」から採れた‟種子オイル″は栄養素の豊富さに加え

非常に高い抗酸化力に富んでいるため、

紫外線やストレスによってダメージを受けた肌に対し

その回復を自然の作用で穏やかにサポートします。

 

強い陽射し、少ない雨、乾いた土壌でも、伸びやかに青々と育つ「奇跡の木」モリンガ。

遥か昔から、モリンガはその生命力で人の暮らしの中の傷を癒してきました。

 

そして、私たちきあらが大切に育てる沖縄ハーブ「月桃」もまた、

ずっと昔から人々に寄り添ってきました。

 

月桃と、モリンガの出会い。

 

きっと、素肌にとって素晴らしい朗報になることでしょう。

  モリンガのお話  

太古から伝わる「奇跡の木」

古代エジプトのモリンガの壁画

Company

お気軽にお問い合わせください 

   TEL 0120-063-847

受付時間 9:30 - 18:30 [土・日・祝日除く]

​© 2009 by 株式会社 丸海きあら 

Marumi. All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon